中国、世界初の月裏面着陸目指し探査機打ち上げ

中国、世界初の月裏面着陸目指し探査機打ち上げ

[北京 8日 ロイター] - 新華社によると、中国は8日、世界で初の月の裏側軟着陸を目指す無人月探査機「嫦娥(じょうが)4号」を、四川省の西昌衛星発射センターから打ち上げた。

これまでにも月の裏側は探査されているが、着陸した探査機はまだないという。

「嫦娥4号」は、現地時間8日午前2時23分(日本時間同3時23分)、四川省の西昌衛星発射センターから「長征3号ロケット」に搭載されて打ち上げられた。

新華社は中国国家航天局の発表として、任務には、低周波電波観測を駆使した地形や鉱物組成の調査、中性子照射や中性原子の計測などが含まれると伝えた。

中国は2030年までに米ロに追いついて宇宙大国になることを目指しており、来年には自前の有人宇宙ステーション建設を開始する計画。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索