原油先物は小幅下落、米在庫が予想外に増加

原油先物は小幅下落、米在庫が予想外に増加

[東京 27日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅下落。米石油協会(API)の週報で原油在庫が予想に反して増加した。ただ、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産やベネズエラにおける供給面の問題などを背景に下値は限定的となっている。

0010GMT(日本時間午前9時10分)時点で北海ブレント先物<LCOc1>は0.12ドル(0.2%)安の1バレル=67.85ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は0.09ドル(0.2%)安の59.85ドル。

APIが26日に公表した週報によると、米原油在庫は190万バレル増加。アナリストは120万バレルの減少を見込んでいた。

ベネズエラで25日に発生した大規模停電の影響で同国の主要原油輸出港で出荷が止まり、4基の原油改質設備も稼働が再開できない状態となる中、原油先物は26日の取引で上昇していた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索