世界石油市況は好転、イラン産原油の全面禁輸は可能=米高官

[ワシントン 22日 ロイター] - 米国務省の高官は22日、世界の石油市況は昨年11月以降、好転しているとし、米国がイラン産原油の禁輸措置について、8カ国・地域に対する適用除外措置を撤廃することは可能との見方を示した。

イラン担当のブライアン・フック特別代表は記者会見で、イラン産原油の禁輸措置適用を除外していた唯一の理由は「市場が可能な状態ではなかったため」と指摘。「昨年の石油情勢は現在と大きく異なっていた」と述べた。

また米国務省エネルギー資源担当次官補のフランク・ファノン氏は同じ会見で、市況の変化に加え、世界の石油市場での供給量などが適切になるようサウジアラビアが「積極的な措置」を行っているとした。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索