韓国、米大統領訪韓前の南北首脳会談要請 米国も北に協議呼び掛け

韓国、米大統領訪韓前の南北首脳会談要請 米国も北に協議呼び掛け

[ワシントン 19日 ロイター] - 韓国は19日、北朝鮮に対し、トランプ米大統領の訪韓前に南北首脳会談を開催するよう呼び掛けた。また、米国は北朝鮮との協議に向けた扉は引き続き「大きく開かれている」との見解を示した。

米国のビーガン北朝鮮担当特別代表はワシントンのアトランティック・カウンシルでのフォーラムで、米国は北朝鮮との新たな協議に前提条件を設けていないと語った。

「交渉の扉は大きく開かれている。そう遠くない将来に実質的な手段でこのプロセスに再び従事することを見込み、期待している」とした。

米国には北朝鮮への安全保障提供など、シンガポールで行われた第1回目の米朝首脳会談で示されたすべてのコミットメントについて協議する用意があると述べた。ただ状況を進展させるには北朝鮮による核プログラム放棄に向けた「有意義で検証可能な」措置が必要になると指摘した。

韓国の李度勳(イ・ドフン)北朝鮮担当特別代表は同じフォーラムで、「北朝鮮に対し、トランプ大統領の来週の訪韓前に、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との南北首脳会談の招待状に応答するよう呼び掛ける」と述べた。

トランプ大統領は来週、大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した後、韓国を訪問して文大統領と会談する予定。

ベトナムのハノイで2月に行われた第2回目の米朝首脳会談は物別れに終わった。

北朝鮮はそれ以降、米国と韓国の度重なる協議再開の呼び掛けに応じていない。

米国は19日、北朝鮮による制裁回避を支援したとしてロシアの金融機関「ロシア・フィナンシャル・ソサエティー」を制裁対象に指定したと発表するなど、制裁緩和に動く兆しをみせていない。[nL4N23Q47U]

この発表の前に講演したビーガン特別代表は、北朝鮮に核兵器を放棄するよう説得する取り組みにおいてロシアと中国が担った重要な役割を強調。中国の習近平国家主席は今週の訪朝の際にこの問題について建設的なメッセージを送ると強く期待していると語った。

また、米朝はともに核協議を巡り柔軟に対応する必要性を理解しているとした上で、北朝鮮の事務レベルの交渉担当者は非核化を協議する権限を与えられる必要があると指摘した。

ビーガン氏は第2回目の米朝首脳会談以降、北朝鮮と事務レベルの協議は開催されていないものの、「政府間で数々のやり取り」が行われてきたと明らかにした。

しかし、両国はまだ「非核化」の定義で見解が一致していないとし、「どこに向かっているのか分からなければ目的地には決してたどり着かない。われわれはそれが非常に重要な出発点だと考える」と強調した。

*内容を追加し、写真をつけました。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索