小泉環境相、気候変動対策で役割拡大に意欲 脱炭素社会実現へ

小泉環境相、気候変動対策で役割拡大に意欲 脱炭素社会実現へ

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 小泉進次郎環境相は22日、訪問先のニューヨークで、日本政府として脱炭素社会の実現に取り組み、気候変動対策でより大きな役割を果たす考えを示した。

23日に開かれる「国連気候行動サミット」を前に、記者会見で述べた。

小泉氏は、1997年の京都議定書採択以降、日本は強い指導力を発揮してこなかったとした上で、これからはより多くの取り組みをしたいと発言した。具体策には言及しなかった。

日本の温暖化ガス排出削減に向けて若い世代の力を活かす考えも示した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索