韓国の10月1─20日の輸出、前年比19.5%減 半導体需要落ち込む

韓国の10月1─20日の輸出、前年比19.5%減 半導体需要落ち込む

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国税関当局が公表した統計によると、10月1─20日の輸出は、前年同期比19.5%減少した。中国向けの輸出減少や半導体需要の世界的な低迷が響いた。

11.7%減を記録した9月の輸出よりも大きく落ち込んだ。エコノミストは、国内製造業の先行きが厳しいことが浮き彫りになったと指摘。半導体業界が今後の見通しを左右するとの見方を示した。

ソシエテ・ジェネラルのエコノミスト、Oh Suk-tae氏は「半導体は輸出で最も大きな部分を占めるため、輸出の回復を見極めるには半導体業界の動向を見る必要がある」と述べ、「半導体業界は底入れしたもようだが、大きく上向くのがいつになるか、また、どの程度のスピードで回復するかは不明だ」と説明した。

10月1─20日の半導体の輸出総額は、昨年末からの大幅な価格の下落を受けて、前年同期比28.8%減少した。半導体は輸出全体の約20%を占める。

中国向け輸出は前年比20.0%減少した。米国向けは17.4%、欧州連合(EU)向けは36.6%、それぞれ減少した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る