超党派の米議員、連邦政府年金基金に対中国投資の方針転換要請

超党派の米議員、連邦政府年金基金に対中国投資の方針転換要請

[22日 ロイター] - 超党派の米上院議員団が22日、米連邦政府職員の年金基金を運用する連邦退職貯蓄投資理事会(FRTIB)宛ての書簡で、中国企業を含むMSCI<MSCI.N>の株価指数に連動する運用方針を転換するよう改めて要求した。運用方針を変えなければ、中国政府に支配されている企業に米連邦政府の年金基金が資金を提供することになると警告した。

書簡は上院のマルコ・ルビオ議員(共和党)とジーン・シャヒーン議員(民主党)が中心となって作成。共和党のミット・ロムニー、リック・スコット両議員や民主党のキルステン・ジルブランド議員らも署名した。

FRTIBは、MSCIの「米国を除く世界投資可能市場指数」に連動する運用を近く開始する方針。この方針について10月28日の会合で協議する予定だ。

ルビオ、シャヒーン両議員の書簡は、同指数に組み入れられた特定の企業について「基本的な財務情報を開示していない他の多くの中国企業とともに、中国政府の軍事活動や諜報活動、人権侵害を支援している」と懸念を示した。両議員がFRTIBにこうした書簡を送ったのは、これが2回目。

具体的には、中国航空工業集団(AICC)や中国聯合網絡通信(チャイナ・ユニコム)<0762.HK>、監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)<002415.SZ>などの企業を槍玉に挙げた。

ルビオ氏は書簡に添付した声明で、同指数に連動する運用が導入されれば、連邦政府職員の年金基金が「実質的に、米国の経済と国家安全保障を揺るがす中国政府と共産党の取り組みに資金を提供することになる」と主張した。

FRTIBの広報担当キム・ウィーバー氏はロイターに対し、2通の書簡を受け取ったことを認め、「問題の精査を続けている」と話した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る