マレーシア、ゴールドマンへの罰金減額を協議=ブルームバーグ

マレーシア、ゴールドマンへの罰金減額を協議=ブルームバーグ

[クアラルンプール 23日 ロイター] - マレーシアは政府系投資会社1MDBを巡るスキャンダルを巡り、米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>への罰金を20億─30億ドルに減額することを協議している。

ブルームバーグが23日報じた。マレーシアはこれまでゴールドマンに75億ドルの支払いを求めてきた。

ブルームバーグが関係筋の話として伝えたところによると、マレーシアのマハティール首相は年内にゴールドマンとの合意を成立させることを望んでいる。

ゴールドマンはコメントを控えている。首相の報道官のコメントは取れていない。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る