今年のサウジ投資会議、クシュナー氏や財務長官が出席へ=米政府筋

今年のサウジ投資会議、クシュナー氏や財務長官が出席へ=米政府筋

[ワシントン 22日 ロイター] - 29─31日にサウジの首都リヤドで開催される投資会議「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ」に、米政府からムニューシン米財務長官やクシュナー大統領上級顧問などが参加する。複数の政府関係者が22日明らかにした。

同会議は昨年、サウジのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害を受け、出席を取り消す動きが相次いだ。

ある政府高官はロイターに、国務省のイラン担当特別代表ブライアン・フック氏と、クシュナー氏の顧問であるアビー・ベルコウィッツ氏も会議に出席する予定と述べた。

別の政府関係者によると、12月1日に退任するペリー・エネルギー長官も参加する見込み。ペリー長官は、サウジの民間原発建設計画における米国の技術導入で、ファリハ前エネルギー相など複数の高官と非公式に会談を行ってきた。

フューチャー・インベストメント・イニシアチブは「砂漠のダボス会議」とも呼ばれ、世界的な金融機関や投資家などとの意見交換やプロジェクトへの投資呼び込みが目的。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る