EUがトルコ制裁で合意、キプロス沖「違法」掘削巡り

EUがトルコ制裁で合意、キプロス沖「違法」掘削巡り

[ブリュッセル 11日 ロイター] - 欧州連合(EU)外相理事会は11日、トルコがキプロス沖で「違法な」石油・ガス掘削活動を行っているとして検討していた同国に対する経済制裁について合意した。移動禁止や資産凍結に向けた法的枠組みとなる。対象者の氏名は後日発表するという。

2人のEU外交関係者は、これらの制裁が発動された場合、対象者はトルコの軍関係者や掘削船の船長になるだろうと述べた。

掘削についてトルコは、領土内の大陸棚または北キプロス・トルコ共和国が所有権を持つ区域で行っていると反論している。

トルコはEU加盟を正式に目指しているが、エルドアン大統領による反対派取り締まりなどを受け、多くの加盟国は同国がすでに加盟どころか加盟候補としてすら民主的基準を満たしていないと発言している。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る