中国の習主席、印首相に両国関係改善の必要性強調 訪中を招請

中国の習主席、印首相に両国関係改善の必要性強調 訪中を招請

[北京 14日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は訪問先のブラジルでインドのモディ首相と会談し、両国関係の改善に向けて緊密な対話を維持する用意があると表明した。また、モディ氏の訪中を招請した。

会談はブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議の合間に行われた。

両首脳は前月もインドで会談しているが、その約2週間後にインド政府が北部ジャム・カシミール州を二つの連邦政府直轄地に分割し、中国の反発を招いた。中国はカシミール地方の一部の領有権を主張している。

中国外務省が14日出した声明によると、習主席は会談で、両国は「政治的な相互信頼を高め、相違には適切に対処し、実践的な協力を拡大することで両国関係を改善し、さらなる安定を図る」必要があると述べた。

「2020年は間近に迫っており、中印関係が新年に素晴らしい新展開を迎えることを願っている」とした上で、「来年の訪中を待ち望んでいる」と続けた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る