トルコ、大部分のIS戦闘員を出身国に年内送還=内相

トルコ、大部分のIS戦闘員を出身国に年内送還=内相

[アンカラ 19日 ロイター] - トルコのソイル内相は18日、身柄を拘束した過激派組織「イスラム国」(IS)戦闘員の大部分を年内に出身国に送還すると述べた。

トルコはテロ組織と見なすクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」に対する軍事作戦を実施し、シリア北東部で287人の戦闘員を拘束。このほかにも戦闘員の可能性がある数百人を拘束している。

ソイル内相はアンカラでロイターに対し、週内にIS戦闘員と疑われる6─7人を出身国に送還すると表明。送還先にはアイルランドとオランダが含まれることを明らかにした。

その上で「年内の送還数は手続きの進捗具合によるが、特に欧州については手続きが進められている」とし、「年内に大部分を送還できると考えている」と述べた。

国籍を取り消した国については、国際法に違反すると非難。「自国民を国籍がない状態にする権利はない」と述べた。

トルコは11日、拘束中のIS戦闘員の出身国への送還を開始したと発表。これまでにドイツに10人、米国と英国にそれぞれ1人を送還した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る