米下院の弾劾公聴会は「国辱」=トランプ大統領

米下院の弾劾公聴会は「国辱」=トランプ大統領

[ワシントン 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、自身に対する下院の弾劾公聴会は米国の「国辱」であると述べた。一方で証言を判断するのは米国民次第との認識を示した。

この日は国家安全保障会議(NSC)でウクライナ問題を担当するアレクサンダー・ビンドマン陸軍中佐やペンス副大統領の外交顧問ジェニファー・ウィリアムズ氏など証人4人が証言する。

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、弾劾公聴会は「国辱であり、米国の恥」で、「大きな詐欺」と非難。証人の1人であるビンドマン氏を「全く知らない」とし、証人について1─2度会った程度でそれ以上のことは聞いたことがないと語った。

またビンドマン氏の証言の一部を見たとも述べた上で、証言内容については「国民に判断を委ねるつもりだ」とした。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る