中国、米国に新たな対面通商協議を提案=WSJ紙

中国、米国に新たな対面通商協議を提案=WSJ紙

[21日 ロイター] - 中国政府は米政府に対し新たな対面通商協議を提案した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が21日、関係筋の話として伝えた。

報道によると、劉鶴副首相が米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン財務長官を北京に招待した。中国側は、28日の米感謝祭前の協議開催を期待しているという。

一方、米政府筋はWSJ紙に対し、米側も対面協議に前向きだが時期については確約していないと明らかにした。

また中国側が知的財産権の保護や技術移転の強要、農産物の購入などの問題ついて約束しない限り訪中には消極的という。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る