原油先物が2カ月ぶり高値、減産延長巡る報道などで

原油先物が2カ月ぶり高値、減産延長巡る報道などで

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は2%超上昇し、約2カ月ぶりの高値を付けた。石油輸出国機構(OPEC)など産油国が協調減産を来年半ばまで延長する公算と伝えたロイター報道を受けた。

清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が1.57ドル(2.5%)高の1バレル=63.97ドル。米WTI先物<CLc1>は1.57ドル(2.8%)高の58.58ドルだった。

WTIは一時58.67ドルまで上げ、9月23日以来の高値。北海ブレントは64.03ドルを付け、同24日以来の高値となった。

関係筋の話によると、OPECとロシアなど非加盟国で構成するOPECプラスが、2020年半ばまでの協調減産延長を12月5日の会合で決める公算が高いことが分かった。

リポウ・オイル・アソシエーツのアンドリュー・リポウ社長は「多くの悲観論が原油価格に織り込まれており、次回のOPEC会合やイランやイラクの騒乱が焦点になっている」と述べた。

このほか、中国商務省報道官が21日、中国は「第1段階」の通商合意に向けて懸命に取り組むと表明し、原油市場を支援した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る