[ハーシー(米ペンシルベニア州) 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、米ペンシルベニア州ハーシーでの集会で演説し、野党民主党が自身に対する弾劾決議案の概要発表したのと同じ日に、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の批准に向けた合意を発表したことに批判の矛先を向けた。

大統領は、民主党のペロシ下院議長はUSMCAを利用して、大統領弾劾への取り組みから注目をそらそうとしたと指摘。「(民主党は)弾劾に関する発表の1時間後にUSMCAについて明らかにした。なぜだか分かるだろうか。非常に大きなディールで、彼らが恥じている弾劾の重要性が薄れるからだ」と語った。

トランプ氏は2016年の大統領選では同州で1%ポイント未満の差で勝利。来年の大統領選に向け、同州をはじめ勝敗の鍵を握る州で支持拡大を目指している。

トランプ氏は集会の参加者に対し「われわれはペンシルベニアで勝利する」と呼び掛けた。