[ドバイ 19日 ロイター] - イランの誤射によるウクライナ旅客機撃墜を巡り、イランの航空当局者は19日、回収した墜落機のブラックボックスはイランでの解析を目指す考えを示し、ウクライナに引き渡す決定が下されたとの報道を否定した。

墜落で多数の犠牲者が出たカナダなどは、ボイスレコーダー(音声記録装置)とフライトレコーダー(飛行記録装置)が入ったブラックボックスを外国に送るようイラン側に要求している。

これに対し、イラン民間航空連盟の幹部は「私たちはイランでのブラックボックス解析を目指している。そうでなければ、ウクライナとフランスに送るという選択肢があるが、他国に送るという決定は下されていない」と述べた。国営イラン通信(IRNA)が報じた。

これより先、タスニム通信は18日、同じ幹部がブラックボックスはイランでは解析できないので、引き渡しを繰り返し求めているウクライナに送ることになると述べていた。IRNAも同幹部が、18日にこのように発言していたと伝えている。

同幹部が前言を翻した理由は現時点で不明。

カナダのシャンパーニュ外相は、イランのザリフ外相に19日に書簡を送り、ブラックボックスを早急にウクライナかフランスに送るよう求めたと明らかにした。