[上海/北京 19日 ロイター] - 中国外務省の華春瑩報道官は19日、新型コロナウイルス感染の初期対応を巡る世界保健機関(WHO)の独立委員会の中間報告書について、中国がより強力な措置を講じることが可能だったとの指摘は、中国の対応に不備があったことを意味するものではないと認識していると述べた。

世界の新型コロナ対応を精査する独立委員会は18日、新型コロナ流行初期の昨年1月時点で、中国政府が感染拡大阻止に向けてより強力な措置を講じることが可能だったと指摘する中間報告書を公表した。

これに対し同報道官は定例会見で、「確かに、中国もよりうまく対処することはできただろう。それは米国や英国、日本などにも言えることだ」と述べた。