[ワシントン 24日 ロイター] - 米上院で近く開かれる、議事堂襲撃事件を受けたトランプ前大統領の弾劾裁判を巡って、共和党議員の間で亀裂が深まっている。弾劾の賛成派と反対派の議員が24日、メディアなどでそれぞれの主張を展開した。

ミット・ロムニー議員はFOXニュースで、裁判はトランプ氏が議会襲撃をあおったことに対する必要な措置と主張。「下院が可決した弾劾訴追決議では、(トランプ氏の)弾劾に値する行為が示唆されている。米国の選挙を腐敗させるような行為があったことは明らかだ。これは、バイデン大統領ではなくトランプ氏によるものだ」などと語った。

議会襲撃事件については、共和党議員の間から暴力行為を非難する声が相次いだが、トランプ氏が熱狂的な支持者を抱えることを踏まえ、弾劾に反対する議員も少なくない。

トム・コットン議員はFOXニュースで「既に退任した人物に対する弾劾裁判に上院が時間を費やすのは奇妙だと、国民の多くは考えている」と強調。

マルコ・ルビオ議員は「裁判は非生産的で、ばかげている」と一蹴し、最初の機会で裁判終了に向けて票を投じると述べた。