[北京 13日 ロイター] - 中国外務省の趙立堅報道官は13日、米国は台湾を巡る「火遊び」をやめるべきだと述べ、米国が台湾当局者との接触制限を緩和するガイドラインを発表したことに抗議したと明らかにした。

米国務省は9日、台湾周辺で中国が軍事活動を拡大する中、米政府関係者が台湾政府関係者とより自由に会談できるようにする新たなガイドラインを発表した。

趙報道官は記者団に対し、米国に「厳正な抗議」を申し入れたと説明。米国に対し、「台湾問題で火遊びをせず、いかなる形の米国・台湾当局者間の接触も即時にやめ、問題を慎重かつ適切に処理」すべきとし、米中関係や台湾海峡の平和と安定に破壊的な影響や打撃を与えるような誤ったシグナルを台湾独立勢力に送らないよう求めた。