[ワシントン 13日 ロイター] - 米政府当局者は13日、バイデン大統領の意向を受け、クリス・ドッド前上院議員のほか、元国務副長官のリチャード・アーミテージ氏とジェームズ・スタインバーグ氏がこの日、台湾に向かったと明らかにした。

当局者はロイターに対し、米国の「台湾関係法」制定42周年を迎えるにあたり、バイデン大統領は台湾の民主主義に対するコミットメントを示すために「非公式」の代表団を派遣したと表明。3人は滞在中、台湾高官と会談を行うと述べた。

「非公式な高官代表団を台湾に送るという歴代米政権の超党派の伝統」に従っているとし、バイデン大統領の「個人的な」メッセージが込められていると語った。

「長年にわたり台湾と友好関係を築き、バイデン氏と個人的にも近い経験豊かな3人が選ばれたことは、台湾、および台湾の民主主義に対する米国のコミットメントを示す重要なシグナルだ」とした。

台湾総統府は、蔡英文総統が米代表団と15日午前に会談すると発表。外交部(外務省)は、米代表団が14日午後に到着する予定だと明らかにした。

米当局者は「米国は『一つの中国』政策に沿って、台湾に関与し、共通の利益における協力を深める決意だ」と述べた。

バイデン政権で気候変動対策を担うジョン・ ケリー大統領特使は14─17日の日程で中国と韓国を訪問する。当局者は、気候変動を巡る中国との協議を他の米中関係における問題と関連付けてはならないとし、アーミテージ氏らの台湾訪問 とケリー氏の中韓訪問との間に関連性はないと述べた。

*情報を追加しました。