[東京 21日 ロイター] - 菅義偉首相は、4月末からの大型連休中に予定していたインドとフィリピンへの外遊を見送る方針を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。

新型コロナウイルスの感染再拡大がインド、日本両国をはじめ本格化するなかで、国内も大阪府や兵庫県、東京都に緊急事態宣言を再発動する見通しとなり、コロナ対応を優先する格好だ。

菅首相は昨年9月の就任以来、ベトナムとインドネシア、米国を訪問している。軍事面などで影響力を拡大する中国をにらみ、日米豪印4カ国の枠組みを重視しており、コロナ禍でインド首脳との対面が実現することへの期待があった。

(竹本能文※)