[米大統領専用機上 6日 ロイター] - 米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は6日、条件を満たした国々に北大西洋条約機構(NATO)のドアを開き続けることにバイデン政権はコミットしていると述べた。

大統領専用機上でウクライナのNATO加盟に対する政権の姿勢を記者団から問われた。

報道官は「準備が整い、コミットメントを果たすことができるようになれば、加盟を熱望する国々にNATOのドアを開き続けることにバイデン政権はコミットしている」と述べた。

ロシアとの対立を背景に、ウクライナは欧米に自国のNATO加盟に向けた支援を呼び掛けている。