[東京 12日 ロイター] - 総務省と厚生労働省が12日公表した新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種時期に関する調査結果によると、政府が目標としている7月末までに接種が完了すると回答した自治体は全国1741のうち1490だった。高齢者人口の84.5%に相当する。もっとも、4月までの聞き取り調査では約1000程度にとどまっており、一定の改善は確認された。

政府は7月末までに全国の高齢者3600万人に対する接種終了を掲げている。今回の調査では、7月末まで終了可能と回答した自治体の高齢者人口は3000万人となっている。

一方、185の自治体は8月中、66の自治体は9月以降と回答した。政府は自治体の医療従事者不足などの課題を支援し、7月末までに完了させる目標は堅持する。

都道府県別では、7月末に接種終了と回答した自治体が多いのは岩手県、新潟県、京都府など。一方、東京都では7月末終了予定の自治体は67.7%、秋田県は56.0%などとなっており、地域でばらつきがある。

*本文中の重複表現を修正しました。