[12日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は12日、日本政府の新型コロナウイルス対策を支持し、東京五輪が「歴史的な」イベントになると確信していると表明した。

7月23日の開幕まで3カ月足らずとなった日本では新型コロナの感染が拡大しており、複数の世論調査によると国民の大半が五輪の中止または2度目の延期を望んでいるという。

一方、1万0500人のアスリートの7割強に当たる約7800人がすでに参加資格を得ている。

IOCのアダムス報道官はオンラインでの記者会見で、「開催まで残り78日となった今、まさに実行段階にあり、五輪開催に全力を注いでいる」と指摘。「五輪が開催され、日本国民が歴史的な瞬間となるイベントの主催者として誇りを持つようになれば、世論が五輪開催を支持するようになると確信している」と述べた。