[東京 17日 ロイター] - 政府は17日、成長戦略会議を開催し、新型コロナウイルスで影響を受けた企業の事業再構築や事業再生、コーポレートガバナンス(企業統治)の在り方などが議題となった。

企業の財務基盤を強化するための資本性資金の供給や優先株引き受けのさらなる推進、また中小企業における事業再構築の助成措置の使い勝手の向上などが論点案として挙げられた。

コーポレートガバナンスの在り方については、プライム市場の上場会社における独立社外取締役の選任の在り方なども論点案として提出された。東証の1部など4市場は、来年4月にプライムなど3市場に再編される。

同会議では、今夏に取りまとめられる成長戦略について議論が進められている。

(金子かおり)