[カブール 28日 ロイター] - 中国の王毅外相28日、同国を訪問中のアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの代表団に対し、アフガン紛争を終結させ、国家を再建する上で重要な役割を果たすことを期待していると述べた。中国外務省が明らかにした。

タリバンの広報担当者によると、タリバンの代表9人が中国北部の天津を2日間の日程で訪問。中国の王毅外相と会談し、和平プロセスや治安情勢について話し合ったという。

同外相はまた、イスラム過激派組織「東トルキスタン・イスラム運動」が「中国の国家安全保障に対する直接的な脅威」であるとして、タリバンによる取り締まりを期待するとも述べた。

タリバンの広報担当者はツイッターへの投稿で、今回の中国訪問では「政治、経済、両国の安全保障に関する問題、アフガニスタンの現状と和平プロセスが議題に上った」と述べた。