[ロンドン 29日 ロイター] - 英国のラーブ外相は29日、2022年に北京で開催される冬季五輪に自身が出席する可能性は極めて低いとし、新疆ウイグル自治区の状況に関して非常にセンシティブな問題があると述べた。

中国への批判や人権侵害を巡り北京大会のボイコットを求める声が上がる中、米国は同盟国と「共通のアプローチ」について協議を行っている。

出席するかどうかを問われた同外相は、スカイニュースに対し「私が行く可能性は極めて低いと思う」と答えた。

その上で、英国はオリンピックを過度に政治問題化したくないとし、スポーツへの参加は英国の政治家が決めるものではないとした。