[東京 30日 ロイター] - 西村康稔経済再生担当相は30日、衆院議院運営委員会で、これまでの流行を上回る新型コロナウイルスの新規感染者数が報告されており、「感染が大きく広がっている極めて厳しい状況」との認識を示した。

人流やデルタ株の感染力の強さを鑑みれば、「感染はまだピークを迎えているわけではないというのが専門家の見方。私もそのように理解している」と発言した。

また、今後の経済対策については、感染状況や緊急事態宣言の地域拡大・延長などの措置が経済に及ぼす影響に目配りをして、躊躇(ちゅうちょ)なく機動的なマクロ経済運営を行いたいとし、これまでと同様の見解を述べた。

松本洋平委員(自民)や原口一博委員(立憲民主)への答弁。