[ワシントン 17日 ロイター] - 米国は17日、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラやイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」を支援したとして、中国人2人を含む個人のほか、レバノンおよびクウェートを拠点とする金融機関などに制裁を科すと発表した。

ブリンケン国務長官は声明で「これらのネットワークは、地域の金融システムを通じて数千万ドルの資金洗浄を行い、ヒズボラおよびコッズ部隊双方の利益のために為替操作や金・電子機器の取引などを実施した」とした。

今回の制裁措置では、対象となる個人・企業の米国内の財産が凍結されるほか、米国人との取引が禁止される。