[ワシントン 18日 ロイター] - 米首都ワシントンの連邦議事堂周辺で18日、1月6日に議事堂に乱入したトランプ前大統領支持者に賛同する人々による集会が開かれた。当局は、参加者の暴徒化を懸念して厳重な警戒態勢をとったが、参加者は主催者の見込みを大きく下回り、大きな混乱はなかった。

集会に先立ち、議事堂周辺には約2.44メートルのフェンスが設置され、警官ら数百人が巡回。しかし、参加者は約100─200人と、主催者の予想の700人を大きく下回り、見守る警官や報道陣の方が多かった。

米議会警察によると、拳銃を所持していた男を含む4人が逮捕された。

集会が開催された当時、大半の議員は首都を離れており、議事堂内は人気がなかった。

集会に参加した議員はいなかったが、共和党の議会選立候補者2人が演説をした。