[ハノイ 20日 ロイター] - ベトナム政府は、首都ハノイにおける新型コロナウイルス規制を今週からさらに緩和すると発表した。新規感染者数が減少傾向にあり、成人の大多数が1回目のワクチン接種を完了したためとしている。

当局は19日夜、大半の建設事業は22日から再開可能で、今後さらに規制を緩和するとした。

同国の1日平均感染者数は20人にとどまっている。

また、ハノイ市人民委員会のドゥオン副主席は、同市の成人の94%が1回目のワクチン接種を終え、11月末までに2回目接種を目指していると説明。声明で「社会的距離(ソーシャルディスタンス)を無期限で続けることはできない」とした。

ハノイにおける新型コロナ死者は全土の1万7000人超のうち50人以下と、4月末以来深刻な感染拡大をおおむね免れている。新規感染者数も全土の68万7000人中4414人にとどまっている。