[オスロ 24日 ロイター] - ノルウェー政府は、25日に新型コロナウイルス規制を全面解除し、社会活動を再開すると発表した。欧州ではデンマークや英国など、規制全面解除に踏み切る国が少数ながら増えている。

ソルベルグ首相は記者会見で、「ノルウェーでは平時としてこれまでで最も厳しい措置が561日間続いた。普通の日常生活に戻る時期が来た」と述べた。

規制は現地時間25日午後4時に解除。これにより社会的距離(ソーシャルディスタンス)措置が撤廃され、文化・スポーツ施設やレストランで収容人数いっぱいの入場が可能となるほか、ナイトクラブも再開される。

首相は昨年3月以降、規制解除に向けた4段階の計画を進めてきたが、最終段階は感染拡大への懸念から数回にわたり延期されていた。

ノルウェー公衆衛生研究所(NIPH)によると、同国では人口の76%がワクチンを少なくとも1回接種し、67%が接種を完了している。