[北京 27日 ロイター] - 中国外務省は27日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟氏の釈放は中国の強さを示しており、カナダは「教訓を得るべき」との見解を発表した。

米検察当局は24日、孟氏と訴追延期合意(DPA)を結び、孟氏に対する刑事訴訟を終わらせると発表。これを受け、カナダで自宅軟禁状態に置かれていた孟氏が25日に帰国した一方、孟氏が拘束された数日後に中国当局に拘束されたカナダ人の実業家マイケル・スパバ氏と元外交官マイケル・コブリグ氏も中国から帰国した。

中国外務省の華春瑩報道官は定例会見で、孟氏の帰国は中国の国民・企業・利益を守る政府および共産党の能力を示していると指摘。「カナダは教訓を得て自国の利益のために行動すべき」とした。

また、孟氏への訴訟は「政治的迫害」であり、カナダ人への訴訟とは「完全に異なる」と述べた。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は26日、スパバ氏とコブリグ氏は「自身の罪を認めた」後、健康上の理由で釈放されたと報じた。

また27日には、孟氏の釈放は米国およびカナダとの関係をそれぞれ立て直す機会となるが、「有害な政治的レトリック」がこうした「雰囲気を害する」可能性があると指摘した。