[28日 ロイター] - 米製薬大手ファイザー<PFE.Nと独ビオンテックは28日、共同開発した新型コロナウイルスワクチンの5─11歳を対象とした臨床試験の初期データを米食品医薬品局(FDA)に提出したと明らかにした。

両社は数週間以内に緊急使用許可を正式申請する見通しで、早ければ10月終盤に5─11歳への接種が始まる可能性もある。

さらに、欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)や他国の規制当局にも試験データを提出する計画。

ファイザーによると、5─11歳への試験では、16─25歳を対象とした治験結果と同水準の免疫反応を得られたほか、安全性もほぼ同程度の結果だった。

2─5歳および生後6カ月─2歳を対象としたデータは、早ければ第4・四半期中に入手される見通し。