[ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は28日、新型コロナウイルスの発生源に関する中国での調査第2弾について、中国を含む全ての国が協力することを期待していると述べた。

ジュネーブで開催されたイベントで、調査第2弾が可能な限り迅速に開始されることを望むと語った。

また、パンデミック(世界的大流行)への備えと対応に関する国際条約は現行のパンデミックで直面している主要課題に対処することが可能とし、「世界は枠組みを必要としている」として条約締結への支持を改めて表明した。