[18日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は18日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの5─11歳の子どもに対する使用を巡り精査を開始したと発表した。

両社は先週、新型コロナワクチンの5─12歳未満の使用を裏付けるデータをEMAに提出した。

EMAが承認を勧告すれば、欧州委員会がそれに基づき最終判断を下す。

さらに、EMAはイタリアのモンツァ市とアナーニ市の2つのワクチン製造施設を承認したと発表。両施設で最大8500万回分のワクチンを追加で生産し、年内EUに供給される見通し。

また、ファイザー製ワクチンの新たな製剤も承認。希釈が不要となり、摂氏2度─8度の冷蔵庫での長期保存や輸送が可能になるという。

ビオンテックの声明によると、新製剤は12歳以上向けで、2022年初から段階的に提供されるという。