[東京 19日 ロイター] - 北朝鮮から19日午前、弾道ミサイルの可能性がある飛翔体が発射されたことについて、岸田文雄首相は訪問先の福島市で「北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射した」と述べた上で、先日に続いて連続で発射していることを「大変遺憾に思う」と語った。磯崎仁彦官房副長官は午前の会見で、北朝鮮に厳重に抗議したことを明らかにした。

19日朝、ミサイル発射の情報を受け、岸田首相は、1)情報収集・分析に全力を挙げ、国民に迅速で的確な情報提供を行うこと、2)航空機、船舶などの安全確認を徹底すること、3)不測の事態に備え、万全の態勢をとること──の3点を指示。政府は官邸対策室に各省庁の担当者らをメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集や分析にあたった。

北朝鮮の意図について岸田首相は「予断を控えたい」とした上で、引き続き事態の把握・情報収集に努めていかなければならないと述べた。

磯崎官房副長官は会見で、ミサイルの発射は午前10時15分と16分だったとし、わが国と地域の平和と安全を脅かすもので、厳重に抗議し、強く非難すると語った。

磯崎副長官はまた、現時点でミサイル発射による被害の情報はないとし、ミサイルの落下地点などについては現在分析中だとした。

岸信夫防衛相は、関連する国連決議違反で極めて遺憾だとした上で、「頻繁なミサイル発射の目的がミサイル技術向上にあることは明らかだ」と指摘、国際社会全体にとっての深刻な課題だとの認識を示した。

共同通信は、日米両政府が北朝鮮担当高官による電話協議を実施したと伝えた。また、岸田首相が国家安全保障会議(NSC)を実施する方向で調整している、としている。首相は東北での遊説を取りやめ、東京に戻る。

韓国軍は19日、北朝鮮が弾道ミサイルを東方沖に向けて発射したと発表している。[nL4N2RF0FU]