[シドニー 19日 ロイター] - オーストラリアでは19日、新型コロナウイルス新規感染者が低水準にとどまった。感染力の強いデルタ型による感染第3波が起きて以降、大都市シドニーとメルボルンではワクチン接種が急速に進み、感染拡大は収束に向かいつつある。

シドニーと首都キャンベラは先週、ロックダウン(都市封鎖)を解除した。メルボルンも厳格な在宅規制を今週中に解除する計画。

ビクトリア州の19日の新規感染者は1749人で、大半がメルボルン。18日の1903人から減少した。シドニーがあるニューサウスウェールズ州の新規感染者は若干増えて273人だったが、9月初めのピーク時の水準を大きく下回っている。

クイーンズランド州当局は、クリスマスの1週間前に予定されている州境再開までにワクチン接種を受けるよう住民に呼び掛けた。

クイーンズランド州のパラシェ首相は、州境再開はワクチン接種を受ける動機になるべきだと述べた。同州では16歳以上でワクチン接種を完了した人の割合が57%と、全国平均の68%を大きく下回っている。