[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国時間の原油先物は大幅下落。序盤には北海ブレント先物が1バレル=86ドル台に上昇し3年ぶり高値を付ける場面があったが、米海洋大気局(NOAA)が米国の暖冬予報を発表したことを受けて下落に転じた。

NOAAによると、米国の多くの地域で、この冬の気候は平年よりも暖かくなる見通し。

北海ブレント先物の清算値は1.21ドル安の1バレル=84.61ドル。一時は86.10ドルと、2018年10月以来の高値を付けた。

米WTI原油先物の清算値は0.92ドル安の1バレル=82.50ドル。