[ソウル 25日 ロイター] - 韓国政府は25日、新型コロナウイルス対策の集会規制などを来年2月までに廃止するため、3段階の計画を発表した。

政府は23日、人口70%に新型コロナウイルスワクチンの接種を終えるという目標を達成したと発表していた。

3段階の計画は11月1日から開始し、2月20日までに人との距離に関する規制を全て廃止する。マスク着用義務は継続する。

計画の第1段階では、飲食店などの営業時間制限が廃止される。ただ、ナイトクラブは午前零時までの閉店が義務付けられる。

屋内スポーツジムやサウナ、カラオケ店などリスクの高い場所に行く場合は、完全なワクチン接種が必要となる。首都ソウルとその周辺での個人的な集まりは、ワクチン接種状況にかかわらず10人までに制限される。

現在は、ワクチン接種を完了した人が4人いる場合、8人までの集まりが認められている。

当局は今後、新規感染者の数ではなく、週間の入院率と死亡率を注視する。また、症状が軽い人は自宅での治療が認められる。