[バンクーバー 26日 ロイター] - カナダのブリティッシュコロンビア州は、来年1月から12歳以上の住民全員に新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を提供する。当局者が26日明らかにした。

カナダの主要州としては初めて、ブースター接種の対象者を大幅に拡大する。

州の保健医務官は、70歳以上の住民と12歳以上の先住民は年内にも予約が可能になると説明した。長期介護などの利用者はすでに対象となっている。

政府によると、2回目から3回目までの接種間隔は6─8カ月で、接種券は年齢とリスクの高さに応じて発行される。

医務官は、ワクチンは有効だとしながらも、予防効果は「時間経過につれて徐々に弱まり始めている」とし、「先を見越した」取り組みとしてブースター接種を提供することにしたと述べた。

他の州ではこれまでのところ、長期介護利用者と免疫不全者、あるいは一定の年齢以上などの基準に基づいた対象者にのみブースター接種を提供している。