[ワシントン 27日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は27日、バイデン政権がアフガニスタンで実施した米大使館職員らの緊急退避を含む作戦を巡り、国務省に内部検証を実施するよう命じたことを認めた。

講演で、退避作戦を賞賛する一方、今回の経験から学ぶ必要があり、今後同じような状況が発生した場合にはより良い行動を取らなければならないと指摘。ただ、具体的な検査検証については明かさなかった。

ロイターは先週18日、報道官の話として、国務省のショー監察官代行がアフガン退避作戦について検証すると報じていた。