[ワシントン 27日 ロイター] - 米ホワイトハウスは27日、米国の各州が子ども向けの新型コロナウイルスワクチンの発注を開始しており、保険当局の使用許可が出ればすぐに数百万回分のワクチンが出荷されると発表した。

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は26日、米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンについて、5─11歳の子どもへの接種を推奨することを賛成多数で決めた。FDAが承認すれば、米疾病対策センター(CDC)の諮問委員会が来週11月2日を開き、勧告の是非を討議する。早ければ来週にも接種が始まる可能性がある。

ホワイトハウスの新型コロナ対策調整官を務めるジェフ・ザイエンツ氏は記者団に対し、「重要なのはFDAとCDCの決定後、すぐに準備を整え、親が子どもに対し迅速かつ容易にワクチンを接種させられるようにすることだ」と述べた。

ファイザーは声明で、FDAの緊急使用許可が得られ次第、子ども向けワクチンの出荷を直ちに開始するとした。