[ワシントン 27日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)報道官は、軍がクーデターで実権を掌握したスーダンの情勢を注視しているとした上で、同国への支援などへの影響についてコメントするのは時期尚早とロイターに述べた。

これより先、世界銀行はスーダンどの事業に対する融資を停止すると発表した。

IMFも世銀も、2月のミャンマー軍によるクーデターを受けて同国への関与を停止、8月にアフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが実権を掌握した際には同国への関与を停止している。