[パリ 1日 ロイター] - フランス政府のアタル報道官は1日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」に対応するため、ワクチンの追加接種(ブースター接種)を加速させ、欧州連合(EU)域外からの入国規制を強化すると発表した。

追加接種は1日までに800万人、今週末までに1000万人に対して実施される見込み。域外からの入国者にはワクチン接種の有無にかかわらず、陰性証明書の提示を求める。

またアフリカ南部からの航空便は3日まで停止される。4日から再開されるが、主たる住居に戻る渡航者に限られるという。

フランスではまだオミクロン株の感染が確認されていない。