[モスクワ 1日 ロイター] - 世界銀行は1日に公表したリポートで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)とインフレリスクがロシアの景気回復を阻害する可能性があるとの見解を示した。また、2022年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを前回の2.8%から2.4%に下方修正し、地政学やグリーンエネルギー移行など、他のリスクについても警告した。

ロシアのインフレ率は、世界的なインフレ圧力で8%を超え、目標の2倍となっている。11月には新たな変異株「オミクロン」が出現し、世界の市場を脅かしている。

世銀のロシア担当ディレクター、ルノー・セリグマン氏は、重要なリスクにパンデミック、インフレ、地政学を挙げた上で、中期的なリスクとして4つ目に挙げたグリーンエネルギー移行は、ロシアにとって好機になる可能性もあると述べた。

昨年は過去11年で最大となる3%のマイナス成長となったが、今年は4.3%のプラス成長になる見通し。しかし、今後数年間は勢いが鈍る公算が大きい。

世銀は、23年のGDP伸び率はさらに縮小し、1.8%と予想した。