[6日 ロイター] - 欧州医薬品庁(EMA)は6日、スイス製薬大手ロシュの抗リウマチ薬「トシリズマブ(商品名アクテムラ)」について、新型コロナウイルスに感染し、ステロイド治療を受けたり人工呼吸器の装着が必要になったりしている重症の成人患者に対する使用延長を推奨した。

EMAは4000人を超える成人の入院患者を対象とした調査で、トシリズマブ投与の恩恵はリスクを上回ると判断。欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会が正式承認する必要があるが、通常はEMAの推奨に従う決定を行う。

米当局は6月、新型コロナに感染して酸素吸入が必要になった患者に対するトシリズマブ投与を緊急承認している。