[ソウル 17日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染が拡大している北朝鮮で新たに26万9510人に発熱の症状が確認され、6人が死亡したと、国営朝鮮中央通信(KCNA)が17日報じた。

また、軍を動員して治療薬を配布するほか、感染追跡を支援するため1万人を超える医療従事者を展開するという。

発熱の症状が確認されたのは累計で148万3060人、死者は56人となった。ウイルス検査で陽性反応を示した人の数は明らかになっていない。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は15日、党の緊急政治局会議を開き、首都平壌における医薬品供給の安定化に向けて軍を活用するよう指示。16日には軍の強力な医療部門が派遣された。

KCNAによると、金総書記の命令で感染が拡大している平壌での医薬品供給改善に向け軍医の「強力な部隊」が直ちに動員された。部隊の任務は平壌の公衆衛生の危機を打開することで、感染対策に不可欠だと伝えた。

感染の追跡調査も強化され、約1万1000人の保健当局者や教師、医学生が全国で「全ての住民への集中検査」に参加し、発熱者の確認や治療に当たっているという。

またKCNAは、徹底したウイルス対策を行いながら、国内経済の各分野は生産や建設を続けているとも報じた。金総書記は先に、各都市での活動を制限するよう命じていた。

こうした中、米国務省は今回の感染拡大が北朝鮮国民に与える影響を懸念しており、同国へのワクチン援助を支持すると述べた。