[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は18日、ロシアの侵攻を受けたウクライナの支援に向け、年内に90億ユーロ(95億ドル)の追加融資を行うことを提案した。また同国再建に向け、EUの復興基金をモデルとした補助金と融資で構成する「リビルド・ウクライナ」制度の創設も提案した。

ウクライナへの融資資金は加盟国政府の保証を担保に市場から調達する。

フォンデアライエン欧州委員長は、ウクライナのニーズに応えるため、短期的な金融支援を継続すると表明。さらに「EUは、民主的で豊かなウクライナの再建を支援する国際的な取り組みにおいて、主導的な役割を果たす用意がある」と述べた。

欧州委は復興支援に向けた主な手段として、補助金と融資を組み合わせた「リビルド・ウクライナ」ファシリティーを立ち上げ、EU予算に組み入れることを提案した。

EUの新型コロナウイルス復興基金をモデルに、ウクライナ再建という「前例のない課題」に対応するという。